htmlとSEO対策の関係

SEOの基本的な考え方は、「適切なコーディングができていれば問題はない」ということです。検索キーワードで検索されても毎日アクセス数を稼ぐネームバリューのある大手サイトの上に行くことは難しいのですから、まずGoogle社からマイナス評価のつかないことを心がけましょう。それには正しいコーディングと、リンク販売サイトなどの被リンクがないことなどが重要です。
先日あるサイトの評価を求められましたが、大いに問題がありました。画像作成ソフトの得意な方に見られるのですが、フォントのデザインにこだわるあまり、説明文まで画像作成ソフトで作っていました。そしてimgタグのtitleやaltは空欄もしくは「キャッチコピー」というような内容でした。
Google社は、視覚ハンディキャップを持つ方へのバリアフリー対策もSEO評価します。ここをきちんと書くことで、画像であっても文字情報を伝えることができるのですが、一般に画像は文字より「弱い」と言われています。画像はイメージ画像のみにしぼり、文字情報は文字としてコーディングされることをおすすめします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です